ハンガーボックスの組み立て2
kumitate2-1-600.jpg
前の投稿でいわゆるアメリカンロック式をご説明しました。今度は穴の開いている
ワンタッチ式です。
このタイプの箱は2枚づつ対照に同じフラップが付いています。
kumitate2-2-600.jpg
まずは穴の開いている2枚のフラップを内側へ折り込みます。

kumitate2-3-600.jpg
そして左右からこのようにフラップを折り込み頭の部分のとがっている
ところを先に折り込んだフラップの穴に突っ込みます。
写真でもわかるようにただフラップを折り込んだだけでは穴の位置に
頭が合わさらないので、フラップを中ほどから山折にして位置を合わせます。
このタイプの箱には必ず折り目が付いていますのでご安心ください。

kumitate2-4-600.jpg
頭が入ったらそのままフラップの山折の部分を元に戻すと穴のおくまで
突起が食い込んで完成です。

こちらも何てことない話なのですが、結構山折にするところがわからない
ことが多いようです。

ちなみにハンガーボックスに箱の組み立てには共通している部分ですので
ご参考になさってください。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック大歓迎
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック