スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンガーボックスの組み立て方1

ハンガーボックスの組み立てについてご質問をたまにいただきます。
ハンガーボックスに限らずテープが不要なタイプの箱はちょっと組み立てが
わかりずらいかも知れません。
わかりやすいかどうかは別として組み立て方をまとめてみました。
kumitate1-1-600.jpg
まずはこのように奇怪な形をした組底の場合です。

kumitate1-2-600.jpg
このタイプの箱は長方形のフラップと台形のフラップが向かい合っていて、
左右のフラップは羽のような形をして左右対称になっています。

まずは長方形の部分のフラップを折り込みます。

kumitate1-3-600.jpg
続いて写真のように左右対称のフラップを上からかぶせるように折り込みます。
一部が長方形のフラップに引っかかる形になる箱もあります。

kumitate1-4-600.jpg
最後に台形のフラップを折り込み頭を長方形のフラップの下に突っ込みます。
かなり深く折り込みませんと頭が入りません。箱によっては力が必要です。

kumitate1-5-600.jpg
完成です。

わかってしまえば簡単です。ご参考まで!
S資材さんご協力ありがとうございます。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック大歓迎
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。